読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カービィくんのおへや

思ったこととかゲームのこととかB'zのこととかいろいろ。かなり不定期更新 私に利益の入る広告は一切はってないです

『君の名は。』いろいろ考察&いろいろなこと

雑記 君の名は。

小説も何回も読んだり映画も何回も観たりしてある程度内容も理解できたので
ネタバレしかない(Another Side含む)ので注意
最終更新:11/24 18:01

過去作品からのいろいろ

秒速に出てきたアイショップっぽい(というより外見そのまま)のがあったり最後のすれ違いシーンが秒速っぽかったり
未来から時間差でメール(日記)がくるとかほしのこえっぽいし新海誠監督曰く雲の向こう、約束の場所のリベンジらしいし(実際似たシーンがある)
しかも言の葉の庭に出てきた雪野先生が出てきたりと過去作を見てるとわかるネタであったり通じるものががいくつもあったりする

入れ替わり最大の謎、三年のズレ

彗星落下前日、三葉が「今頃二人は一緒」といったセリフがあるけど、何故入れ替わり先で3年間のズレが発生していることに気づかなかったのか?
瀧も三葉も3年という時間のズレにほぼ気づいていなかったのは疑問。
テレビやスマホ(日記)をみてたらわかる気がするけど…?

三葉はなぜ髪を切ったのか

秋祭りの時のセリフに「失恋?」とテッシーが予想しているが、色々理由はありそう

1.瀧に組紐を渡したから
瀧に組紐を渡したことで髪をくくれなくなったから?
でも家には別の組紐が何個かありそうな気もする

2.瀧に自分のことをわかってもらえなかったショック
「会えば必ずわかる」と思っていたのに、瀧が自分のことをわからなかったから?

2-1.自分のことを忘れられてしまったと思ったから
奥寺先輩と瀧がくっついて、自分のことを完全に忘れられてしまったと思ったから?

と、ここで3つ予想を立てたが、結局は「組紐を渡したから」か「失恋」のどちらかになるのでは?と思った
その二択のどっちが正解かは想像するしかないですが

山の上で二人はなぜ出会えたのか

「隠り世」である御神体に供えてあった口噛み酒を飲んだことによって、瀧が一時的に死者ということになり、カタワレ時に2人ともこの世ならざるものだったから?(これはかなりこじつけ)

祭りの舞

祭りで三葉と四葉が踊っている舞のラストは、彗星の警告を表している(彗星が2つに割れて落ちるといった感じの舞)。
つまり祭りの意味は1200年前(もしくはそれ以上前)に彗星が落ちたことを伝えるための祭りということ。
ちなみに舞については小説版で触れられている
また、今踊られている舞とは別に、1000年程前に踊られていた舞もある。

糸守町は彗星を引き寄せている?

見て取れるだけで2回も彗星が落下している時点で結構珍しいのだが、御神体のある山頂にも1度落ちているのではないか?御神体の祠にも絵が描かれていることから、山にも落ちたとは考えられないだろうか?
Another Sideでは、勅使河原が「この辺りに火山はない」と言うシーンがあるので、あの窪みは火口ではない。やっぱり山頂にも1度落ちている可能性が高い。
つまり糸守町には少なくとも3回は彗星が落ちたことになる。
2400年前に山に彗星が落ちて御神体が出来て、その後1200年前に彗星が落ち糸守湖が出来るといった順?(日本書紀などとても古い資料にしか掲載のない倭文神を祀っているので、宮水神社の歴史は相当長いと推察される)

ユキちゃん先生の謎

言の葉の庭では、雪野先生の実家は四国という事になっている。
もし言の葉の庭が2013年を舞台にしていた場合、9月初旬に実家に帰り、9月2日には糸守高校で教師をやり(彗星落下に若干巻き込まれる)、冬にまた四国に帰って教師をやってるというかなりのハードスケジュールどころか無理。
もしかして雪野先生は2人いた…?(錯乱)
しれっとサヤちんを連行する時にも後ろにいます
ちなみにユキちゃん先生はずっと学校にいたので再演前でも生きてます

※参考資料
Other voices-遠い声- » 「小説 言の葉の庭」発売記念・作中の年表公開

テッシーやりすぎ問題

いくらオカルトマニアとはいえ彗星落下を鵜呑みにしたり変電所大爆破したりともしかしてこいつ三葉のこと好きなんじゃね?
変電所を爆破したのは糸守を一度潰してしまいたいという思いもあったから?(思い方が違うとはいえ、俊樹と考えが似ている)
作戦会議の時の三葉(中身は瀧)との反応を見ていると充分好きになってた可能性はある
ただし、三葉は「東京のイケメン男子」以外は恐らく見向きもしないので(四葉曰く三枚目)結局テッシーとサヤちんがくっついたんでしょうが

小説版解説の新海誠監督のLINE

前前前世のデモを聴いた新海誠監督が君の名は。のプロデューサーに送ったLINE、「あまりにも興奮して、どしゃぶりの雨のなか、ずぶ濡れになりながら聴いています」
このフレーズ、何か聞き覚えがあると思ったら言の葉の庭のED、rainの歌詞を意識している?
(どしゃぶりでもかまわないと ずぶぬれでもかまわないと~)

三葉という人物についての謎

一番インパクトのあるセリフ、「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!」だが、何故「イケメン男子」なのか?他にも、奥寺先輩とのデートに関して「私が行きたいデートだけど」と謎の前置き。もしかしてレズなのか?
もしかしたら、瀧と奥寺先輩の2人が羨ましかったのかもしれない
とか、巫女やって口から米でろーんやるぐらいならいっそのこと男子にしてくれっていうことかも?
豊穣祭前には、宮水神社滅んでもいいとか思ってたらしいので
漫画版では「どうせなら正反対の人生を送りたい」といったセリフや、「親のこととかしきたりとかなんも関係なしに好きなことしたい」というセリフがある
あと、こんな描写も。


もちろんこんなところは映画ではカットされてますが


風呂何回も入ってるってことはつまりアレも_。&。!#∝⊃знру〉
ちなみに、三葉はかなりアホです(瀧曰く)

(ちなみに外伝では3ページに渡って瀧がおっぱいを揉むシーンもあります)

入れ替わりの能力について

宮水家の人間は代々入れ替わりの能力があるらしい
ということは四葉にも入れ替われて(入れ替わって)いた可能性がある?
外伝でそんな話があります
特に「生写真とメイキング付きの巫女の口噛み酒」とか9歳の発想じゃない
もし御神体のほこらで四葉の口噛み酒を飲んでいたら四葉と入れ替わってしまったのだろうか?
もし瀧と四葉が入れ替わった場合瀧は間違いなくおっぱいを触るので間違いなく事案
(でも四葉が三葉のおっぱいについて思案するシーンなんてのもある)
(口噛み酒を飲んで入れ替わった四葉がおっぱいを揉むシーンもある!!!!しかも挿絵付き!!!!!!)

三葉の見分け方

瀧と入れ替わっている時は、髪の結び方がわからないので常にポニーテールにしてる。(口噛み酒奉納の時とか)
ちなみに三葉の髪のくくり方は「左右の三つ編みをくるりと巻いて頭の後ろで髪紐で束ねる」らしいです。さっぱりわからん。
こういうことらしいです


また、口噛み酒奉納の時に麦茶を飲むために座る時に足を少し開いて座ってたりします

部室にはゲームがいっぱい

X68000プレイステーションセガサターンゲームキューブドリームキャスト(コントローラーだけ)、スーパーファミコンとゲームまみれ。メタギアもあるよ!
写ってないけど部室右側(サヤちんの座ってる横)にファミコンもある

口噛み酒を御神体に備えに行った日が矛盾している?

何故かというと、2016年では平日で、2013年では休日の10月の日が見つからないから。
(瀧が間違えて制服を着て、四葉に指摘されていることから、前日およびこの日は平日であると予想されるし、小説には10月と明記されている。)
10月5~6日は条件を満たしてるけど遅すぎる。
10月を捨てて考えると9月28~29日が一番時期的にも条件的にも一致していると思われるが、6日も日付ズレが起こっているとは考えにくい。

下級生の女子に告白されたワケ

三葉と入れ替わった瀧がMichael Jacksonの「Smooth Criminal」を踊って
いる所を目撃されたのがきっかけで知り合い、クッキーを貰ったりリクエストされたりとかなり親しかったらしい。

つけてない

バスケのシーン、やっぱりブラはつけてませんでした(外伝小説より)
そりゃあ普段動かないのに動くわブラついてないわなら男子陣が見るのも頷ける
普段は必死でちゃんとしてるとか(サヤちん曰く)

『スパークル』の歌詞に見る映画構成

再演の時に流れる素晴らしい劇伴歌のスパークルにこんな歌詞が
「ついに時はきた 昨日までは序章の序章で
飛ばし読みでいいから ここからが僕だよ」
ここの部分の歌詞がこの映画の見るべきポイントを表しているのではないか?
この映画で見てほしいのは「入れ替わり」ではなく「2人が出会った後の気持ち、行動」ではないだろうか。

RADWIMPSのメンバー、本編に出てる

RADWIMPSのギターの人とベースの人が二箇所で出演している。
1.バンドについて話す高校生(神宮高校で女子が話した次の2人組)「次のライブの前座でさー」「え、ライブやんの?」
2.糸守町消防団員(待機の町内放送後すぐ)「結局待機か~」

バイト関係

瀧のバイト時間は大体5時間。
また、バイト終わりに奥寺先輩の制服を治すのにかかった時間は5分。(早いんだか遅いんだか)

瀧のバイト仲間3人にもちゃんと名前があり、田中、斉藤、鈴木と名札に書いてある。
ちなみに、迷惑な客(カッター)の名前は字幕上映では山本と表記されている。

観客の笑いどころ

満員の(もしくはそれに近い)劇場で笑いが起きるのはこの3箇所。
1.瀧の一人称コロコロ(わたし、わたくし、僕、俺)
2.2回目のおっぱい(あいつに悪いか…)
3.3回目のおっぱい(泣きながら)
高山ラーメン1つ×3はそこまでウケてなかった
満員なのに自分だけ笑ってた
恥ずかしかった

2回見ないとわからないOP

最初のOPは実は2回目の人向け?
組紐が解けた瞬間に髪の毛が短くなったり大人になるにつれて(高校生の時点で)瀧、三葉が消えたりと2回見ないとこのOPはわからないと思う

テッシーが読んでたムー

9/5にテッシーが校庭で読んでいたムーに、「多世界解釈」の文字が。
君の名は。にはパラレルワールドが一応存在する(彗星で三葉が死ぬ世界、死なない世界)ので、序盤での1つのヒントになっている。

『夢灯籠』の歌詞

夢灯籠の歌詞にもヒントが。
「五次元にからかわれて それでも君を見るよ」
五次元、つまりパラレルワールド
ここでもパラレルワールドの存在が示唆されている。

三葉、お前まで

彗星落下直前に町役場に行った三葉に向かって言ったセリフ。
このセリフには、一葉と四葉が説得していたという点以外にも、昼に会っている『三葉ではない別の何か(別人ではないかと推測している)』と同じ事を言っているという事に対してのセリフでもないだろうか(もちろん、一葉や四葉と同じ事を言っているという意味も含んでいる)。

OP前とED前は繋がる

OP前の電車から外を見るシーンの直後に、瀧と三葉が乗っている電車が並走するので、OPとEDは繋がっている。
最序盤からいきなりクライマックス。
というより、
OP(ずっと誰かを探している~)→回想(高校生~社会人)→ED(電車が並走)
という流れなので、回想が無ければ1分に収まっちゃうレベル。

三葉から見た落ちてくる彗星

3回落ちるシーン(効果音)がありますが毎回見え方が違う。
1回目:秋祭り。彗星が割れた所で切れる。(この時点で彗星が落ちるとは分かりにくい)
2回目:口噛み酒トリップ時。無数の破片が周囲に降り注ぎ、頭上に青白い大きな彗星が見えた後に切れる。
3回目:瀧と入れ替わった三葉の回想。2回目とほぼ同じだが、全体的に画面が赤くなっている。(割れた赤い彗星が落ちた事を意味している)

四葉の食べた三葉のハーゲンダッツクリスピーサンドタヒチバニラ

おいしい(期間限定ですが)

おっぱいを揉みまくる瀧

7回も揉んでる。羨ましいぞ
1.本編P14~(俺は真剣にもみ続ける~)
2.AnotherP12~(おっ・ぱい。おっ・ぱい。~)
3.AnotherP40(とりあえず胸を揉んでから~)
4.AnotherP45(とりあえず胸を揉んでから~)
5.AnotherP117(自分の胸を、ふみふみ、ふにふに、揉んでいる~)
6.本編P85(……あいつに悪いか~)
7.本編P155(涙と鼻水でぐじゃぐじゃになりながら胸を揉んでいる姉の姿を~)

四葉も1回揉んでる
AnotherP174(揉んでしまった~)

ラーメン屋のトラック

実は、ラーメン屋のトラックが俊樹の演説場所に停まってます
見えるタイミングは一瞬。
俊樹が「胸張って歩かんか!」と言った次のシーン、サヤちんが「みつはー!」と言う場面の画面左上に高山ラーメンのトラックが一瞬映ります
ビジュアルガイドにも載ってないので見逃す人は多いかも

ラーメン屋のおじさん

実はおじさんも演説場所にいます。
俊樹が「胸張って歩かんか!」と言って3人が動いた後の場所にいます
その場面の後すぐにトラックのシーンがあります

歩道橋でのすれ違いについて

舞台挨拶での新海監督曰く、完全に狙ってた(秒速五センチメートル参照)とのこと。
ちなみに、ワールドプレミアではすれ違った瞬間に落胆の声がかなり上がったらしいです
ちなみにED前なんでもないやがかかった瞬間に大歓声だったそうです(スペースシャワーTV君の名は。公開記念スペシャルでちょっと見れます)

興行収入100億越えの凄さ


現在189億らしいので、現在歴代の日本公開映画では7位です(6位のもののけ姫まではあと4億)
ちなみに今まで興行収入が100億を超えた日本映画は8作品(千と千尋ハウルもののけ姫、ポニョ、風立ちぬ南極物語、踊るTHE MOVIE1、2)で、テレビ局が制作に関与していない作品、及びスタジオジブリ作品以外でのアニメーション映画としてはの100億突破。
スゴい。

はいてる

瀧と入れ替わった三葉が「私…あの時…死んだの…?」と言うシーンの直後に自転車を漕ぐシーンがありますがそこで三葉のパンツが見えます
真っ白やあ……!

司と奥寺先輩

司が左手に指輪をしているが、奥寺先輩の指輪のデザインと似てる?
もしかして…(想像に任せられてる)

ハリネズミ

三葉はハリネズミが大好きなようで、ハリネズミのキーホルダー、ノート、刺繍(奥寺先輩のスカートに縫ってる)等かなりのハリネズミ好きみたいです

カフェ(テッシー曰く)にいた犬は3回出てきてる
1.夕暮れ、コーヒーを飲むサヤちんとテッシーと一緒にいる
2.カフェごっこをする3人と一緒にいる
3.変電所を爆破した後に神社でテッシーと三葉が避難を呼びかける時に付いてきてる

前前前世の聞き慣れない歌詞

ヤマダ電気が映る辺りからの聞き慣れない歌詞ですがこんな感じです

私達超えれるかな
この先の未来数え切れぬ困難を
行ったろう二人なら
きっと笑って返り討ちに出来るさ

オリジナルバージョンにはこの歌詞が2番間奏途中に被さる形で入ります
SOLで聴きましたが僕はmovie ver.のほうが好きです

サヤちんのお姉ちゃん

糸守町役場から放送するシーンで後ろに3人立って並んでる人の一番右です
サヤちんが電波ジャックしたのを知ったのかかなり呆れた顔してます

三葉とあの階段

三葉と瀧がラストに出会うシーンの舞台になる階段ですが、三葉が東京に言った時に一度行ってます

バカとあほ

f:id:shino504:20161007225222j:plain

(00:22より。何かあれば消します)

ここって二人のバカっぽさを表してる気がする
鏡文字で書かないと入れ替わった時に読めないのに普通にバカあほって書いてたり
これを書いてるのは自分なので、書いてから寝る→入れ替わってたら読める!!みたいな入れ替わりたい願望もあったんじゃないかなと思う

君の名は。は綺麗に分割できる

時間を測りながら見ると、ほぼ30分丁度で場面が転換します
ポイント1:前前前世がかかるタイミング(これに至ってはほぼ30分ジャスト)
ポイント2:口噛み酒トリップ
ポイント3:彗星落下

ハリウッドなどの映画の場面転換とほぼ同じ構成になっている。

中文版イメージソング

http://www.tudou.com/programs/view/YMX6c3Ytlhw/
(tudou:中国の動画投稿サイト)
五月天の『好好』という曲。
歌詞の意味はさっぱりだけど曲調はとてもすき
でも台湾では賛否両論だそうで

三葉の家が千葉県神崎町疑惑

上の中文版イメージソングPVの2:54辺りで映るシーン(映画冒頭)
f:id:shino504:20161013003840j:plain

この冷蔵庫に貼ってあるごみ収集表が千葉県神崎町のごみ収集表とほぼ同じ。
ごみ処理|生活環境|くらし・手続き|千葉県神崎町役場ウェブサイト
だけど単純計算で2時間かかるのであんまり現実的じゃない

スパークル[original ver.]の歌詞

original ver.で追加された歌詞(1番サビ直後)に
『千年周期を 一日で行き来しよう』
という歌詞が。
映画を見た人にしかわからないネタ



※また何かあれば追記します
10/04 20:42

(この記事を追記するにあたって、2ちゃねるアニキャラ個別板の宮水三葉スレやアニメ映画板君の名は。本スレを参考にさせていただきました)